9/02/2021

AI

おつかれさまです!

今日の東京はサザンオールスターズの曲のようにウェットで、まるでゴッサムシティのような妖しい空。

あっという間に一週間が経っちゃってもう週末、ここ最近はバタバタであまり寝れてないので今日はぐっすり寝ようと思い、やることを切り上げて早めに帰宅。


そういえば前回のブログでお伝えしたCTM全巻2セットは無事に旅立って行きました。ありがとうございます!





そこから話は飛んで、皆さんはAIと会話したことって、あります?


自分はさっき始めて荷物の再集荷のために某大手配送センターのAIと話したんですが、その技術たるや本当にすごいですよね。

なぜか超丁寧語になってしまい、途中からなんかバカバカしくなり結局「オレは何してるんだろう」という意識になってハングアップ。


でも音楽業界ではいま話題のNIRVANAの新曲をAIがリリースしたり、と、これからこういった技術はどんどん進化していくんでしょうね。そういえばMetallicaのクオリティもすごかったな。

こんな時期ですし、この雑誌業界も…。カスタムカーに乗るオーナー像とクルマのスペックなどを入力すれば勝手に原稿が仕上がって記事になる。写真はドローンが撮って来てくれる。

みたいなことになったりしてね!


でもまずは10年落ちのPentaxを買い換えないといけないな、と思う今日この頃です。


ということで、なんだかだいぶ雑なブログになってしまいましたが、皆さま良い週末を!



8/30/2021

Yoko

今日は横浜へ。


と思ったら「あ、そういやクルマがないんだ!」ということに気づき、仕方ないのでレンタカーを借りて本牧まで。なんだかんだこの時期は首都高もガラガラ。


予定より早く終わって夕方には会社へ戻ってまいりました。


で、月末までに終わらせようと思っていた勝手にCTM大掃除がスタート。

が、んなことしてる場合じゃないと、来たる10月7日に発売を控えるTVWマガジンの企画をイロイロと思案中。







自分でいうのもなんですが、この本はなかなか面白いと思います。

コンセプトは「アメリカ的な働くクルマとライフスタイルにフォーカス」。

CTMよりも16P増にてオトドケする予定です。


ところで会社にCTM全巻(中古)が2セット。


FREEでご提供しますのでどなたか郵送にて欲しい方、いません!?










8/28/2021

Designs

文章を書くのが上手いのならばブログやコラムを書けば良いし、高価なカメラを持っていて、多少なりとも太陽の光が読めるのであればプロカメラマンを名乗っても良いと、自分は思う。


ただ、紙のメディアにこだわる上で、最も大切なのは企画とデザイン力。


企画に関してはそれを担当する人間を編集。デザインに関してはご存知デザイナーという職業がありますね。


ですが、世の中にギターやボーカルが多く、ドラムとベースが少ないのと同じように、この業界には編集とデザイナーが極端に少ない。


特にデザイナーに関しては担当する編集によって好き/嫌いが別れますし、なにより仕事にタイムラグがなく、スムースにコトが進行するという「仕事のしやすさ」も大切。


では、文章を書くライターさん、カメラマンさん、デザイナーさん、そしてこうした作業を取りまとめる編集のなかで(このご時世)最も大切なポジションはどこかというと、編集とデザイン業務だと、自分は思う。


それを言い換えれば、カッコ良い雑誌を作る上で必須であって「なんとかならない」のが企画とデザイン力なんだと思います。


つまり、すごく良いお肉を仕入れてきてそれを古来の、安定の手法で料理するか、はたまたまだ誰も知らないような、斬新な手法で料理してお客さんへ提供するかを決めるのが編集。その作業を担当するのがデザイナーさん。


逆に冷蔵庫のなかで余っていているようなもの、でも実はこうやって調理したらもしかしてスゴく美味しくて、斬新な料理ができるんじゃないか、と考えるのが編集であって、それをアイデアでカタチにすることができるのがデザイナーさん。











































と、いうことで。

我こそはと思うデザイナーさんはご一報を。



そして「じゃあ肝心の編集面はどうなんだ」という切り込みに対しては日々精進、この先も頑張ってまいります。








Street Car Nationals 札幌



今週末は楽しみにしていたストリートカーナショナルズ札幌!

今年はファイナルということもあってCTMでもブースを出す気でいたのですが、やはり昨日北海道にも緊急事態宣言が発令されたとあってこのたびは参加を断念することとなりました。完全防備で当日ふらっと伺おうかな、とも考えたのですが、取り急ぎCTMとしてSCN札幌への参加はありません。ゴメンナサイ。


先ほども主催者であるRAPSさんとも話たんですが、イベント自体も時短開催するかもしれないとのこと。そして会話の中では、本州からは「こんなトラックが参加する予定です」と、伝えておいたし、写真の方も段取りできたので当日の模様はCTM38号にてレポートできる予定なのでトラック乗りの方はご安心ください。


ちなみに会場は前もって予定していた北海道グリーンランドから(↓)


アウトレットモールレラ、からの(↓)


テイネオリンピア

〒006-0049 北海道札幌市手稲区手稲金山172

https://sapporo-teine.com/snow/access



へと変更になっているので注意!


それではあっというまにもう週末。


Drive safe & No Tickets !







8/26/2021

These Days

ここ最近はちょうど一週間前にCTM37の締め切りが終わって、何冊かほか雑誌の締め切りを終えて、いま。ほんと、あっという間ですね、1週間て(笑)






なかでも印象的だったのが、アシとして使っていたBMWが手元からなくなってしまったこと。





その背景にあったのは「今借りてる駐車場が取り壊しになります、新しく建て替えるにあたって、家賃が¥◯◯◯◯◯になります」つまり値上がりします。という不動産屋さんからのムチャな要望。


仕方ないので駐車場を解約してしばらくコインパーキングに停めていたのですが、それはそれで出費がかさむんですよね。究極のムダです。


で「じゃあ売っちゃおう!」と思っていたのですが、自分的にこのBMWはすごく気に入っていて、衝動的な勢いで売却するのも嫌だなと。(どうしてCustom雑誌を作っている人間がBMWにハマってしまったかは長くなるので割愛します)


結果、東京でクルマを所有することをキッパリと断念。ガレージへ運ぶことにしたんですよね。で、車検がまだまだ残っているので所有地のみを変えてめでたし。めでたし。


運ぶにあたって車高は上げてしまったものの、7シリーズの19インチを履いた珍しいボディカラーのE92____________


首都高も値上げしちゃったし、狭い東京でStop & Goを繰り返すよりもドカンと踏めるストリートの方が合ってるんじゃないかと改めて納得。


でも免許を取って早、22年。手元にクルマがないっていうのはなかなか辛いものがありますね(笑)


そういえばタコマがあったっけな…。


Dirty Threads / These Days、ここ最近はこんな感じ。






結局ドラムは買ってしまい。今日は2度目のワクチン接種が完了!


どうなるかわかんないので本でも買ってホテルの大きなベットで寝るのも良いなと思ったら、アルコールはNGみたいなので、今晩はそうそうに会社を引き上げてみます!



8/07/2021

Budweiser

「飲みいく?」という会話がなくなった、いま。


たとえ取材に行っても昔みたいに夜中まで飲むことはもちろん、ご飯すらいかなくなってもう1年以上が経ってしまいました。

ぶっちゃけ、会社近辺にはオープンしているお店が結構あるのですが、なんだかねw

立場上、これから10日おきにPCR検査をしなきゃいけないんだけど、もしも!万が一陽性反応が出たら終わりだな。

と、毎日Budwizer 3本(ビニール袋付)に¥660を払って帰路へつくという生活もそろそろマジで限界を迎えようとしています。


そうしたなかで最近話題に上るのが「Forbidden Fantasy」と「SEMA Show」


どっちも本当はめちゃくちゃ行きたいんだけど、どうやら帰国後の行動や処理がかなり面倒くさそう。そして何より向こうのアメリカ人に変な気を使わせちゃうのも悪いような気がするんですよね。

もうかれこれ最後にアメリカへいったのはいつだっけかな?という、レベル。

アメリカ人から写真をもらってページを作る、という行為もなんだかなぁ。

ダメもとでGreen Cardにチャレンジするかな。いや、ダメだろうなw 

最近はBuswizer 2本で十二分な体になってしまいましたw



ということで、土曜日に乾杯!








8/04/2021

Drums

なかなかクルマの作業が進まない。

アコードは車検を取ったは良いけどオイル漏れと原因不明のアクセルレスポンスの悪化。古いモデル、しかもホンダなのでパーツがなかなか見つからず、かたやGMC Savanaのペースも超スロー。

今年の夏はこんなに天気が良いのに、カーショーもあるのに、走り出せない!というこのモヤモヤ感に包まれたまま2021年の夏がフェードアウトを迎えてしまうのか。

そんななか「こんなの売ってたよ!」と送られてきたのが下の写真。




色はメイプルだけど、まさかこうも自分にとって理想的といえるドラムセットが近所で売られていたなんて奇跡に近い。

「自分のライフスタイルは4輪だ/自分のライフスタイルは4輪だ/自分のライフスタイルは4輪なんだ」

と3回唱えて、こうやって文字で書いても諦めがつきそうにありません!


これもきっと運命なのか、ということで。


To be Continude...





Grounded

もうだいぶ昔の話になるのですが、2017年に一旦終了を迎え、その後も実は芸文社さんのStanceマガジン内でおよそ1年を通して連載していたGrounded。

で、そっから先は一体どうしようかな、webへ移行すべきなのかな、全く新しいネーミングでカスタム雑誌を作ろうかな、スパッとやめようかな、と自分なりに暗中模索していたのですが「やっぱり作るなら雑誌が良いよね!」という結論にいたり、このたび通算4号目となるGroundedのリリースがオフィシャルで決定いたしました。






フライヤーには2022年とありますが、そこは土曜日なので間に合うようであれば2021年にいきなりデビューさせてしまう可能性もアリ!?

ちなみに4号目となる「DUTCH ROLL 」は過去作よりも良い意味でPOPに、しかしよりアンダーグラウンドな雰囲気に、つまりもう少し幅広い世代とオールジャンルに楽しんでもらえるような内容を目指していこうとおもっています。












実はすでに複数のクルマを撮影していて、Stanceでやらせていただいたコンテンツの一部を流用させていただきつつ、あとはなんとか一回でも渡米できればより充実したコンテンツが揃うハズ。

どういうわけか、コカコーラよりもペプシの方が美味いんじゃないかと思うようになった今日この頃。ルーツはそのままに、少し目線を変えた新しいGroundedカルチャーを楽しんでいただけたら幸いです。








7/28/2021

Vaccine

更新がだいぶ滞ってしまいましたが、先週頭にJEEP Syle Bookが無事に終わり4連休へ。

こういう状況下ですので行った場所などは割愛しますが、温泉に入ったり、動物をみたり、ひさしぶりに楽しいひとときを過ごすことができました。

良い感じにリフレッシュができたところでこの先は、CTM37の製作がスタートしていきます。













そして世間はオリンピック真っ只なかにして再びコロナパンデミック!

これって、冷静に考えるとものすごい状況ですが、あまりネガティブに考えず、そしてネットの情報などにも惑わされず。

昨今のコロナ事情に関しては諸説、人それぞれの解釈がありますが、まずは「自分にとって何が一番大事なのか」を常に考えながら行動したいと思っています。

もちろんその意識は人それぞれなので、えらそうに聞こえたらゴメンナサイ。



ということで自分は明日、初めてのワクチン接種へ。

周りからは「ウソでしょ。マジで打つの?」と言われましたが、とりあえず1発目。

午後からの予定がとても不安ですw 




7/09/2021

Jeep


ここのところ雨ばかりが続いて撮影が思うように進まない今日この頃。

本日は7月29日に(間に合えば)発売予定のJeep Style Book vol.15の撮影に行ってきました。しかし今回から自分はCTMとTVWに集中したいため編集長を辞退しているのであくまでその役割は紙面全体のサポート。ここ最近はコンパクトやVanばかりが続いているこのブログですが、高年式のJeepもなかなか良い感じです、よね!

まだ表紙は完成していませんが興味がある方はぜひとも本屋さんでチェックしてみてください。





で、写真は10代のとき、つまりまだ自分が編集社でアルバイトをしているときから親しくさせてもらっているトライスターインターナショナルのタキダさん。

Jeepの業界、そして雑誌はどちらかというとそのメーカーさんのパーツやホイールを宣伝するために活性化しているわけですが、やはりその目的がなんにせよ、毎回ながらこうやって悪天候のなかクルマをキレイに吹き上げてくれる行為はありがたい限りです。

話はそれましたが、トライスターインターナショナルといえばMKW▲。

そう、USクローム界の老舗として認知されているホイールブランドですよね。

なので若い頃は自分もこのMKWに憧れ、ほとんどのクルマにこのブランドのホイールを履かせていたっけな。

なかでも未だに欲しいモデルがMK-11とMK-12。

でも残念ながらもう廃盤となっていて「なんとかもう一回、ちゃんと倉庫を調べてもらえませんか?」というやりとりを、幾度となく(今日も)交わしている気がします。




いまみても良いデザインですよね。

MK12(↑)をタコマに。MK11(↓のブログ)をアコードに。もしも自分が石油王だったら金型から…。





6/26/2021

Accord Pt.1

いったい何台クルマがあんだよと言われそうですが、コレも現在プロジェクト中のアコード。もうすぐ車検とって乗り出そうという感じです。自分がストックしてきたクルマのなかで、唯一のガレージ保管がコレ。


コンセプトはこだわりのホンダクリオ神奈川仕様!ということで、購入時にフルUSだったパーツは全て取り外してフルJAPANに。


現状、あとはイーグルエンブレムを貼り付けて、フェンダーにマーカーを取り付けるかはぶっちゃけどうするか悩むところですね。


というのも、これはあくまでベースとして仕上げるから、あとは新オーナーが望むように(口出しもしながら)好きにカスタムして行こうという計画。だからきっとクロームリムでベタベタっていういつもの路線で足回りもまた、自分が過去に乗ったコンパクトがそうであったように、お決まりの1ポンプになるんだと思います。

special thanks to 大久保自動車工業/Jointz custom