5/08/2017

#26

おつかれさまです!

次号のトラックやwebコンテンツの進行が滞ってしまいましたが、無事にGroundedこと、GRDマガジンの3作目が完成しました。








発売は2017年5月12日(金)




表紙はこんな感じで、中身も前作とは全く異なっていると思います。

しかしコンセプトは1号目からなんら変わっていなくて、
基本、誰がみても「カッコ良い」と思えるカスタムをランダムに紹介。



しかしそれを選別したのはあくまでGRD編集部。
なのですが、皆様とこの世界を共有できる共通の周波数だったらとても幸いです。


1〜2号目、この3作目に至までには3年ほどのブランクを空けての発行となりました。

そして今回に限ってはショップさんやクライアントさんによる広告ページなどは存在していなくって、ほぼカスタムカーのコンテンツで統一しているのが特筆すべき点です。

こう書いてしまうと、それでは編集部の自己満足なんじゃ?と、思われてしまいそうですが、この3作目に限っては現代のカスタムシーンと編集部の視線を加味しながら、1、2号目の良い部分をMIXして製作。

ぜひ5年後、10年後、再びページをめくってみてください。



そしてこの場を借りて、お礼です。

自分がこのGRDを発行できたのは、日本、アメリカのトラックシーンにおけるコネクションと、過去の雑誌、CTMを発行してきた過去があったから。GRDに掲載しているクルマは完全なジャンルレス、モデルもバラバラですが、これらを選んだ理由、紹介するまでの敬意には「トラック系雑誌の編集部員」というフィルターがあってこそ可能なものでした。CTMクライアント、並びに関係者、そして読者のみなさま。ありがとうございます!